ベイビー

マイペースな赤ちゃん|便秘には気づいてあげよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

肌を守るために

赤子と女性

大人から子供まで夏場に気になるものは日焼けで、赤ちゃんも日焼け止めを塗って夏をしのぎます。赤ちゃんの日焼け止めを選ぶときは、ノンケミカルのものを選ぶと肌に優しく負担もかかりません。大人用の日焼け止めは、赤ちゃんの肌にしてみれば、刺激が強くかぶれてしまう恐れがあります。なのでノンケミカルのものを選んで、塗る前にパッチテストをすることで、安心して使用することができます。ムラにならないものを選び、日焼け止めをしっかり落とせるタイプのものを選ぶことで赤ちゃんに負担はかかりません。プールや海へ行くときは、SPFを高いものに、普段使うときはSPFを低いものへと、変化をつけることで肌を守れます。小さい頃から日焼け止めをつけることで肌を効果的に日差しから遠ざけます。

日焼け止めの使い方は、よく振ってから、少量を手に取り、伸ばしてつけることです。そうすることで、赤ちゃんの肌を紫外線から守ることができ、日焼けをすることはありません。アロマの香料が含まれているものは赤ちゃんからも人気があり、いい香りを発します。赤ちゃん専用の日焼け止めは、ドラッグストアや、インターネットを使用し通販でも購入できます。日焼け止めの中には、保湿成分配合のものもあるので、乾燥肌の赤ちゃんには、ぴったりです。しっかりと上から下まで塗ることで、万遍なく日焼け対策をすることができます。洗い流すときは、シャワーを浴びるだけで簡単に取れるので、楽で扱いやすいです。安価で購入することができるのでお財布にも優しいです。