ファミリー

マイペースな赤ちゃん|便秘には気づいてあげよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の脱水症状対策

水筒

毎日適度に補給しなければ脱水症状に陥るおそれがある猛暑の日々。幼い子供がならないためにはベビー用品店などに置いてある水筒を、オモチャとして認識させましょう。そして適度に飲むことを楽しいと思わせるのも、ひとつの手かもしれません。

我が子のための安全な水

ウォーターサーバー

自宅にウォーターサーバーを設置すれば、赤ちゃんにいつでも美味しくて安全なミルクを飲ませてあげることができます。ウォーターサーバーを購入する際は安全性能やデザイン性にこだわってみましょう。それにより赤ちゃんの生活がより一層豊かになります。

肌を守るために

赤子と女性

赤ちゃん専用の日焼け止めは、保湿成分配合がされていて、肌に優しいので安心して使用できます。使った後は、お風呂やシャワーで洗い流すことができるので簡単です。SPFが高めであればあるほど効果を発揮できます。

早めに気づいて対処する

婦人と乳児

赤ちゃんを育てていく中で、赤ちゃんがなかなか便をしないと感じたことはありませんか。赤ちゃんは自分のペースで便をするため、数日便をしなかったからといって心配する必要はありません。赤ちゃんの便は主に食事の内容に関係しており、便秘の症状に早期に気づいてあげることがとても大切だといえるでしょう。便が出ないということは、便が体内に溜まっている状態であるため、赤ちゃんのお腹を確認するのが良いでしょう。お腹が張りポッコリ出ていることやあまり食事をしない様子が感じられた場合には便秘の可能性があります。早期に赤ちゃんの症状を発見することが便秘の対処につながると思います。

また、赤ちゃんに便秘の症状が現れた際には、お腹をマッサージをしてあげるのが良いでしょう。ただ単にマッサージするのではなく、のの字を書くように優しく大きくお腹をマッサージしてあげることで便秘が解消されます。マッサージするときには、肌に優しい赤ちゃんにも適したクリームなどを使用すると、スムーズに行なうことが出来るでしょう。また、赤ちゃんのももとひざを交互に動かしお腹を優しく押してあげることで、腸が刺激され便が徐々に出るようになるはずです。また、マッサージに加え水分を十分にあげることも大切なことではないでしょうか。離乳食だけでなく、お茶や薄めたミルクをあげるのが良いでしょう。赤ちゃんの普段の便の状態を見ながら食事を考えていくのが重要となります。そうすれば徐々に便のリズムが戻っていき、便秘が解消されていくでしょう。